Search
  • futurestage

コロナ感染対策・カンボジア(プノンペン・シュムリアップ)

各国コーディネーターからの情報を掲載しています。より正確な情報が必要な方は各国の日本大使館のサイトや各国の政府情報サイトをご確認ください。



各所でリモート撮影をおこなっています。




[シュムリアップ・アンコールワット]

状況を見ながらリモート撮影を行っています。

アンコール遺跡の撮影可能(撮影料金がかかります)

お土産店などもオープンしています。国内の観光客が来ている状況です。


カンボジア観光省は5月18日、2022年に同国を訪れる外国人旅行者が80万~100万人に達するとの見通しを示した。国内旅行者数は800万人と見ている。地元各紙(電子版)が伝えた。

観光省は、8月以降に東南アジア諸国や米国、日本、欧州などからの観光客が増加すると予想。海外からの旅行者数は、25年までに700万人を上回るとの見方を示した。国内旅行者数は23年に1,100万人となり、新型コロナウイルス禍以前の水準に戻ると見通した。

観光省の予測について、太平洋アジア観光協会(PATA)カンボジア支部のトゥーン・シナン支部長は、「新型コロナの変異株の発生などがなければ達成可能」と述べた。

一方、カンボジア・ホテル協会(CHA)のクレイス・チェンダ会長は、「昨年11月に外国人旅行者の受け入れを再開した後も、客室稼働率の伸びは低調にとどまっている」と説明した。新型コロナの感染拡大で収入が減少したカンボジア人の客足も、十分には戻っていないという。

1~4月にカンボジアを訪れた外国人旅行者は、前年同期比2.9倍の24万1,485人だった。国内旅行者は2.6倍の504万人に達した。

政府は17日、新型コロナ禍からの回復を支援するため、観光業界に1億5,000万米ドル(約192億円)を融資する計画を発表した。


#カンボジア #海外ロケ #日本人カメラマン #プノンペン #シュムリアップ #アンコールワット

5 views0 comments